2023年までに大切なメディアのデジタル変換をお勧めします

2023年までに大切なメディアのデジタル変換をお勧めします

昨今、大切な映像資料が保存メディアの劣化により再生不可になっているケースが多く見受けられます。また、多くのメディアは再生機材不足により視聴が困難になっています。さらに、2023年にはHDCAM, HDCAM-SRのVTRデッキのメーカーサポートが終了してしまいます。すべてのVTRデッキの保守が終了するということは、コンディションの良いデッキは数年後には無くなってしまうということです。現在、弊社ではあらゆる種類の再生機器を保有しており、​古いアナログメディアからHDCAMなどデジタルテープの再生も可能です。「デジタル資産」として変換することで、過去に制作された数々の貴重な資料(映像作品、映像素材、録音作品、録音素材など)は後世に受け継ぐことができます。手遅れになる前に、まずはお持ちのメディアをご確認の上、ご相談下さい。

https://www.j-horizon.com/mediaconversion

ブログ記事

お客様にブログ記事のサマリーを提供する